ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 市長学校訪問 上尾市立芝川小学校 (平成23年6月28日)

市長学校訪問 上尾市立芝川小学校 (平成23年6月28日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月7日更新

島村穰上尾市長が芝川小学校を訪問しました 

 平成23年6月28日、島村穰上尾市長が芝川小学校を訪問し、児童の皆さんと交流しました。
芝川小学校校舎芝川小学校昇降口から中庭とプールを望む芝川小学校玄関

交流給食

ランチルーム「森の家」給食準備の様子 芝川小学校到着後、ランチルーム「森の家」で、4年生から6年生までの児童会運営委員ほか40名の児童の皆さんと給食を会食しました。
 全員が準備するまでの間、島村市長と子どもたちは、笑顔でお話を楽しんでいました。

笑顔で子どもたちとの会話を楽しむ島村市長

はじめの会はじめの会の様子 木製のテーブルと椅子で、木のぬくもりを感じながら賑やかな交流給食が始まります。当日のメニューは、はちみつパン、焼きそば、フルーツヨーグルト、牛乳でした。
 児童会役員の進行のもと、はじめの会がはじまり、最初に島村市長から子どもたちに対して「芝川小学校の皆さんと一緒に給食を食べる今日の日を楽しみしていました。みなさんとたくさんおしゃべりをしながら、楽しい時間を過ごしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。」とあいさつがありました。

島村市長あいさつ島村市長あいさつ

交流給食の様子交流給食の様子
交流給食の様子交流給食の様子

交流給食の様子交流給食の様子
交流給食の様子交流給食の様子
交流給食の様子交流給食の様子
ごちそうさまでした交流給食の様子

出席者による記念写真

出席者による記念写真

出席者による記念写真

      

      

島村市長さんとの交流会

島村市長との交流会 交流給食が終わり、講内校長先生から芝川小学校の特色や学校経営方針などについての話を聞いた後、全校児童の皆さんが体育館に集まり、「交流会」を開催し、歓迎してくれました。

6年生による「ふるさと」合唱

6年生の「ふるさと」を聴く島村市長s  代表児童の二人が校長室まで迎えに来てくれて、体育館に案内をしてくれたのですが、体育館の入口の扉は閉まっていました。島村市長が体育館の扉を開くと、サプライズが用意されていて、全校児童の皆さんがお迎えをしてくれると同時に、6年生の皆さんが「ふるさと」の合唱を披露して、歓迎してくれました。6年生の澄んだ美しい歌声がとても心に響き、島村市長も大きな拍手を送っていました。
「ふるさと」の合唱で歓迎してくれた6年生の皆さん

 

花のアーチと大きな拍手の中の入場

児童の皆さんの大きな拍手の中花のアーチをくぐる島村市長児童の皆さんの大きな拍手の中花のアーチをくぐる島村市長 合唱の披露の後、用意された座席まで、手作りの花のアーチと大きな拍手で迎えてくれました。

校歌斉唱

校歌斉唱校歌の伴奏
 
 全校児童による芝川小学校校歌  [MP3ファイル/3.59MB]
            
芝川小学校校歌校歌斉唱

 

 

 

歓迎のことば

河原児童会長さんによる歓迎のことば   
 まず最初に、児童会長から歓迎のことばがありました。
 
「今日はお忙しい中、芝川小学校に来ていただきありがとうございます。市長さんには、上平駅伝などで僕たちのことを見守っていただき、とても励まされました。芝川小学校には、目の不自由な方のための点字ブロックや車いす専用のトイレがあり、誰もが生活しやすいような工夫があります。また、木や花などがたくさんあって、明るい学校です。僕は明るくきれいな学校で、友達と遊ぶことが大好きです。
最後に上尾市長さんをはじめ、たくさんの方に質問をしたり、お話を伺ったりして、交流できたらいいなと思っています。今日はよろしくお願いします。」

 

「あの青い空のように」合唱 

「あの青い空のように」合唱「あの青い空のように」合唱  続いて、全校児童による「あの青い空のように」の合唱を披露してくれました。

全校児童による「あの青い空のように」  [MP3ファイル/2.73MB]

全校児童による「あの青い空のように」合唱

市長さんへの質問

島村市長への質問の様子1年生からの質問に答える島村市長

 続いて、児童代表の皆さんから島村市長に対して、質問がありました。
 最初は、1年生からの質問です。
「市長さんに質問です。市長さんは、どんなお仕事をしているのですか?」
 島村市長は、初々しい1年生からの質問に分かりやすい言葉を使って、笑顔で次のように答えました。
「市長の仕事はいっぱいあるのですよ。例えば、学校をつくる時も市長が決めます。地震にも強い学校にするのも、芝川小のように木の香りがする学校にしたり、トイレをきれいにすることを決めるのも市長の仕事です。学校の名前になっている芝川をきれいにするのも、道路を作ったり、広くしたりすることを決めるのも仕事です。仕事に行く時間は、芝川小の皆さんよりちょっと遅い朝9時ごろなのですが、たくさん仕事があるので、帰りは夜9時、10時過ぎになってしまいますし、土曜日や日曜日にも仕事があるので、休める日が1年間で10日ぐらいしかないのです。毎日いろいろな仕事をやっていて、みんなが元気に楽しく学校に通って、みんなが仲良く勉強ができるようにいっぱいの仕事をしています。」
島村市長への質問質問に答える島村市長 次は、2年生からの質問です。
「市長さんは、子どものころ、どんな学校に通っていたのですか?」
 島村市長は、次のように答えました。
「2年生からの質問なので、小学校のことをお話しますね。皆さん、『上平小学校』は知っていますか? (児童たちは「知ってる!」「友だちが行ってる!」などの声とともにたくさんの手があがっていました。) 芝川小学校のお隣の上平小学校に通っていました。この辺りでは一番古い学校で、今は22の小学校がありますが、昔は6校しか学校がなかったのですよ。そして、上平小学校の周りには、今ではたくさんの家が建っていますが、昔はお寺と畑、田んぼと大きな池がありました。その池には魚やカエルがたくさんいましたし、冬になると池が凍るので、スケートをしたりもしました。その池にいかだを浮かべて遊んだりもしましたね。みんなと同じ上平の学校に通っていました。」
島村市長への質問質問に答える島村市長
 次は、3年生からの質問です。
「子どもの頃はどんな仕事に就きたいと思っていましたか?」
 島村市長は次のように答えました。
「市長さんの小さい頃、男の子は警察官や先生、パイロット、女の子は看護師さんになりたいと思っていた人が多かったですね。私は、お父さんが昔の上平村の村長をやっていたこともあって、少し政治家になりたいとも思っていましたし、野球が大好きだったので、野球選手になりたいという夢を持って小学校の時代を過ごしました。皆さんも夢をたくさん持ってくださいね。たくさんの夢を持っていると、必ず実現できるものがあるはずです。夢に挑戦し続けて頑張ってくださいね。」
島村市長への質問質問に答える島村市長 次は、4年生からの質問です。
「ぼくは野球を習っています。さっきお話に『野球選手になりたかった』とありましたが、市長さんは小さい頃、野球を習っていたのですか?」
 島村市長は、次のように答えました。
「さきほど、給食の時間に聞いたのですが、芝川小学校の皆さんが中心となっている町谷ファイターズの4年生が埼玉県で優勝したそうですね。凄いことです。おめでとうございます。市長さんも小さい頃から野球が大好きでした。今は、スポーツ少年団など、一緒に練習する仲間や教えてくれるコーチがいますが、昔は野球をする仲間やコーチがなかなかいなかったのですが、どうしても野球がやりたかったので、小学校4年生のときに仲間を集めて、自分で野球チームを自分で作りました。そして、その仲間とともに4年、5年、6年、そして上平中学校に進級して、ずっと同じ仲間で野球をやっていました。一生懸命練習したこともあって、県大会に出場することができ、前年度優勝チームに勝つほどのチームになることができました。ひとつお話をさせてください。今、皆さんは、良い道具を持って一生懸命練習していることと思いますが、買ってもらった道具は大切にしてくださいね。これは、野球だけではありません、ほかのスポーツもそうですし、スポーツに限らず言えることです。物を大切にする気持ちを持って頑張ってください。」
島村市長への質問交流会の様子  次は、5年生からの質問です。
「市長さんのこれからの夢は何ですか?」
 島村市長は、次のように答えました。
「夢ですか・・・もう市長にはなってしまいましたからね(笑)。先ほどお話しましたが、皆さん、夢というものは常に持たなくてはならないものですよ。今、上尾市には22万7千人の方がお住まいになっています。その皆さんが元気に、安心して、生活ができるように、『上尾に住んで良かったな』『上尾にずっと住み続けたいな』と思ってもらえるような街を創っていくことが、今の私の大きな夢です。」
島村市長への質問交流会の様子 最後に、6年生からの質問です。
「6年生は今、社会で歴史を勉強しているのですが、上尾市の中で『これは見ておいたほうがいい』といったような歴史的な遺跡などはありますか?」
 島村市長は、次のように答えました。
「歴史を勉強して『遺跡を見てみたい』と思うこと、素晴らしいことですね。上尾市にも遺跡はたくさんあるのですが、残念なことですが、遺跡を発掘して調査が終わると埋め戻してしまうという現実があって、目で見ることができる遺跡というものがないのが現実です。ただ、歴史的なものとして皆さんに見てもらいたいものはあります。原市に瓦葺という地区があるのですが、そこに『掛樋』というものがあります。これは、幕府が作った素晴らしい水路で、水路と水路が立体交差するもので、その一部を見ることができます。また、上平地区では、上平小学校の横に少林寺というお寺があります。あのお寺の門や彫刻は素晴らしいものですので、ご覧になってもらいたいと思います。また、平塚に密蔵院というお寺があるのですが、「十二神将立像(じゅうにしんしょうりつぞう)」という像があるのですが、上尾市の指定文化財になっているほどの素晴らしいものです。あと、お祭りということでは、平方のどろいんきょ、畔吉のささら獅子舞、藤波の餅つき踊りやささら獅子舞などの芸能文化があります。ぜひご覧になってもらいたいと思います。身近なところにも、小さなものがありますから、上尾のことをたくさん調べて、頑張って勉強してもらえたら、市長としても大変うれしく思います。」      

島村市長から芝川小学校へのメッセージ

島村市長から芝川小学校児童の皆さんへのメッセージ  島村市長から芝川小学校児童の皆さんにお話がありました。

「今、1年生から6年生まで、それぞれ素晴らしい質問をいただきありがとうございました。各学年の代表の方が質問をしてくれましたが、各学年みんなの気持ちを代弁して質問してくれたと思います。給食を食べている時にも感じたのですが、芝川小学校の皆さんは本当に仲が良く、笑顔が素晴らしいなと感じました。これからも、1年生から6年生まで仲良く、いろいろなことに挑戦してもらいたいということが、まず、私から皆さんへのお願いです

芝川小学校校章 芝川小学校の校章の中には、桜の花が咲いています。これは桜の花のようにみんなが元気で過ごせるようにという願いが込められたものです。そのまわりには上尾の『上』という字が3つ象られています。本当に素晴らしい校章です。皆さん誇りに思ってもらいたいと思います。そして、芝川小という学校の名前の『芝』という字ですが、芝というのは、野球場やサッカー場などに植えられているように、根を地面にしっかりと大きく張る植物です。根をしっかりと張っているから、しっかりと、どっしりと構えている、それが芝川小学校の『芝』なのです。芝川小学校の『芝』は皆を支えるために、しっかりとどっしりと構えているのです。そして、『川』という字ですが、芝川は隣の桶川市に小さな水源があります。最初は、少しの水なのですが、それがだんだんとたくさんの水となって、そして、荒川につながって、そこから東京湾、太平洋とつながっていくのです。小さな小さな川の一滴が大きな海となるように、小さな皆さんでも、必ず大きく成長し、飛躍していくのです。芝川小学校は、そのような素晴らしい名前の付いた素晴らしい学校で、そんな学校で一生懸命に勉強や運動をする皆さんにエールを送りたいと思います。これからも皆さん、がんばってください。応援しています。」

お礼のことば

お礼のことばお礼のことば 児童会副会長からお礼のことばがありました。

「今日は、お忙しい中、芝川小学校にきていただき、ありがとうございました。芝川小の自慢はたくさんある中でも、チームワークが良いことです。5月に行った運動会では、各群が力を合わせて一生懸命競技しました。また、駅伝大会などのスポーツイベントにも積極的に参加し、毎日の朝マラソンでも、お互いを高め合うように頑張っています。私たちは勉強や運動を頑張るので、市長さんも“あなたに元気をおくるまち”元気な上尾市を創ってください。今日はありがとうございました。」

上尾市歌斉唱

上尾市歌斉唱上尾市歌斉唱 最後に、上尾市歌を披露してくれ、島村市長も子どもたちと一緒に市歌を歌いました。
      
全校児童による上尾市歌 [MP3ファイル/1.52MB]

お見送り

花のアーチと大きな拍手で見送ってくれました花のアーチと大きな拍手でお見送りしてくれました 退場の際も、花のアーチと大きな拍手でお見送りをしてくれました。
 そして、島村市長は、校長室まで案内をしてくれた代表の二人に、お礼の言葉をかけていました。

案内をしてくれた児童のお二人

 島村市長が芝川小学校を訪問した2日後、4年生から6年生までの児童の皆さんからお手紙をいただきました。
 島村市長は、この手紙を市役所の執務室で読むだけでなく、自宅にも持ち帰って、1枚1枚すべて読んだそうです。お手紙には、「夢はたくさん持ったほうが良いという言葉が心に響きました」「元気で明るい上尾市が大好きです。これからも元気で明るい上尾市をつくるために頑張ってください」など、一人ひとりの心のこもったメッセージや感想が紙いっぱいに書かれていました。
 島村市長は、「芝川小学校を訪問して、児童の皆さんからたくさんの元気をもらいました。そのうえ、心のこもったお手紙までいただきまして、これからも市民の皆さんのために、もっともっと頑張らなければならないという気持ちになりました。素敵なお手紙、本当にありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べていました。

手紙を読む島村市長手紙を読む島村市長芝川小学校児童の皆さんからの手紙