ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

講話朝会 6月

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月3日更新

講話朝会 6月

6月2日火曜日、6月の講話朝会がありました。

校長先生が、1年生のときに使っていたという傘を持ってきてくださって、当時の思い出をお話ししながら「物を大切に使う気持ち」を教えてくださいました。

   hghghg   hjhjhjhk

「現代よく使われているナイロン製の軽い傘とは違い、昔の校長先生の傘は布地の重たい傘で、穴が開いたところにあて布をしてあったり、骨組みが折れてしまったところはつないで直してあったり、ボロボロだけれども、思い出のたくさんつまった宝物です」と、お話しくださり、子ども達はその傘をうらやましそうに見ていました。

風に飛ばされた傘を田んぼの中まで追いかけていったお話、そのために帰りがおそくなってお母さんに叱られたお話、どれも子ども達は身を乗り出して、校長先生のお話に聞き入っていました。みんな「物を大切にする気持ち」をあらためて考えたことでしょう。

講話朝会の終わりに、6年生のために1年生から5年生がこんなサプライズをしました。

  lololol   qwqqwq

3校親善球技大会で見事連続優勝を果たした6年生に、1年生から5年生が大きな声で「おめでとう」のメッセージを贈りました。1年生から5年生が「またGogoタイムで素晴らしい走りを見せてください!」というと、6年生は照れながらも「よしっ!任せとけ!」という頼もしい笑顔をかえしていました。