ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境整備(PTA)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月25日更新

夏休みに入って最初の土曜日となった7月23日、校舎や校庭をきれにする「環境整備」が行われました。

中心となった校外環境部の皆さんをはじめ、教職員、成人教育部、おやじの会、そしてボランティアとして学校応援団の皆さんにも参加いただいています。

集合は朝の8時30分、校長先生の挨拶のあと、教頭先生から作業の説明がありました。

校長先生あいさつ   教頭先生からの作業説明

校外環境部の皆さんは、南校舎を担当。

汚れが劇的に落ちる某掃除用品を使って床や壁をていねいに磨いていきます。

校外環境部   校外環境部

成人教育部の皆さんは、北校舎、東校舎を担当。

話もせずに黙々と床や壁と向き合います。

トイレの壁もピカピカにしました。

成人教育部   成人教育部

おやじの会の皆さんは、校庭の側溝を担当。

すべてのフタを外し、スコップなどを使って溜まったヘドロや落ち葉をかきだしていきます。

比較的、涼しい日でしたが、作業を進めるとかなり汗をかきました。

おやじの会   おやじの会

教職員の皆さんにも、各担当場所で汗をかいていただきました。

校長先生は普段、掃除できない高い窓を担当、かなりホコリが溜まっていたそうです…。

お休みの日にお手伝いをいただき本当にありがとうございます!

校長先生   教職員

掃除終了後は道具もきれいにしました。

一輪車を洗う吉野先生   きれいになったスコップたち

中央小学校は、平成26年に改築工事が竣工し、とてもきれいな校舎になりました。

児童たちが快適な環境で勉強や運動に打ち込むためにも、環境整備活動はとても大切です。

早朝から参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。