ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 平成27年国勢調査結果(人口等基本集計結果)

平成27年国勢調査結果(人口等基本集計結果)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月26日更新

 平成27年10月1日現在で実施された平成27年国勢調査の人口等基本集計結果が総務省統計局より公表されました。
 一部を以下に掲載します。

1.上尾市の結果

人口

世帯数

前回調査結果

人口増減数

人口増減率(%)

世帯数増減数

総数

人口

世帯数

225,196112,157113,03991,399223,926

87,286

1,2700.64,113

(1) 人口

 平成27年10月1日現在の上尾市の人口は225,196人となり、前回(平成22年)と比較して1,270人(0.6%)増加しました。
 

(2) 世帯数

 世帯数は、91,399世帯となり、前回と比較して4,113世帯(4.7%)増加しました。
 1世帯当たりの人員は2.46人で、前回の2.57人と比較して、0.11人減少し、引き続き世帯規模の縮小化が続いています。

(3) グラフ

人口・世帯数の推移 上尾市年齢3区分別人口

 上尾市の人口、世帯数はともに増加を続けていますが、人口については増加幅が縮小傾向にあります。
 また、年少人口と生産年齢人口は減少傾向、老年人口は増加傾向にあり、平成17年の国勢調査以降、老年人口が年少人口を上回りました。

2.埼玉県の結果

人口

世帯数

前回結果

人口増減数

人口増減率(%)

世帯数増減数

総数

人口

世帯数

7,266,5343,628,4183,638,1162,971,6597,194,556

2,841,595

71,9781.0130,064

(1) 人口

 平成27年10月1日現在の埼玉県の人口は7,266,534人で、前回と比較して71,978人(1.0%)増加しています。

(2) 世帯数

 世帯数は、2,971,659世帯で、前回と比較して130,064世帯(4.6%)増加しています。
 1世帯あたりの人員は2.45人で、前回調査の2.53人から0.08人減少しています。

3.埼玉県内市町村の結果

(1) 人口

 人口は、さいたま市の1,263,979人が最も多く、以下川口市578,112人、川越市350,745人、所沢市340,386人、越谷市337,498人と続いています。
 人口規模別にみると、人口100万人以上がさいたま市、50万人台が川口市、30万人台が3市、20万人台が3市、10万人台が14市、10万人未満が41市町村となっています。
 市部(40市)、郡部(23町村)別にみると、市部6,760,813 人、郡部505,721人となり、県人口の93.0%が市部に集中しています。

順位市町村名人口(人)
人口の多い市町村
1さいたま市1,263,979
2川口市578,112
3川越市350,745
4所沢市340,386
5越谷市337,498
6草加市247,034
7春日部市232,709
8上尾市225,196
9熊谷市198,742
10新座市162,122
順位市町村名人口(人)
人口の少ない市町村
1東秩父村2,915
2長瀞町7,324
3横瀬町8,519
4皆野町10,133
5美里町11,207
6ときがわ町11,492
7越生町11,716
8小鹿野町12,117
9神川町13,730
10鳩山町14,338
埼玉県内市町村人口順位

(2) 人口増減数

 人口増加数では、さいたま市41,545人増がトップで、以下川口市16,606人増、戸田市13,071人増と続いており、23市町で増加しています。
 一方、人口が減少したのは、春日部市4,462人減、熊谷市4,438人減など、40市町村となっています。

順位市町村名増減数(人)
人口増加数の多い市町村
1さいたま市41,545
2川口市16,606
3戸田市13,071
4越谷市11,185
5川越市8,075
6朝霞市6,608
7ふじみ野市5,275
8三郷市5,106
9吉川市4,440
10八潮市3,740
順位市町村名増減数(人)
人口減少数の多い市町村
1春日部市-4,462
2熊谷市-4,438
3本庄市-4,008
4行田市-3,673
5秩父市-3,400
6狭山市-3,322
7飯能市-2,834
8加須市-2,773
9久喜市-1,999
10毛呂山市-1,779
埼玉県内市町村人口増減数順位

(3) 人口増減率

 最も増加率が高いのは戸田市の10.6%で、次いで吉川市が6.8%、滑川町、朝霞市が5.1%の増加となり、23市町で増加しました。
 一方、最も減少率が高いのは東秩父村-12.9%で、次いで小鹿野町が-9.8%、ときがわ町が-7.5%の減少となり、13市町村で5%以上減少しました。

順位市町村名増減率(%)
人口増加率の高い市町村
1戸田市10.6
2吉川市6.8
3滑川町5.1
朝霞市5.1
5ふじみ野市5.0
6伊奈町4.6
7八潮市4.5
8志木市4.4
9三郷市3.9
10越谷市3.4
さいたま市3.4
順位市町村名増減率(%)
人口減少率の高い市町村
1東秩父村-12.9
2小鹿野町-9.8
3ときがわ町-7.5
4長瀞町-7.4
5皆野町-6.9
吉見町-6.9
7越生町-6.5
8鳩山町-6.3
9川島町-6.1
10横瀬町-5.8
埼玉県内市町村人口増減率順位

4.国勢調査とは

 国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法に基づいて5年に一度(大正9年に調査が始まり、今回が20回目)実施されます。

5.総務省統計局による公表(外部リンク)

 詳しい集計結果は、総務省統計局のホームページをご覧ください。