ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 猫の飼い方に気をつけましょう

猫の飼い方に気をつけましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年11月24日更新

 「猫の鳴き声がうるさい」、「花壇や庭が荒らされる」、「庭で猫が糞や尿をしていき、臭いがひどい」・・・
 このような相談が市役所へ多数寄せられています。相談の多くは、『近隣への配慮を欠いた飼い方』に原因があるようです。
 みんなが気持よく快適な生活をおくるためにも以下のような飼育方法を意識して、責任を持って飼うようにしましょう。

室内で飼う

 猫は室内で飼うようにしましょう。屋外での放し飼いは、近隣住民への迷惑になるだけでなく、交通事故・感染症・猫同士のけんかなど危険がいっぱいです。

身元がわかるようにする

 責任が誰にあるのか明確にするため、また、飼い主のいない猫と区別するためにも、首輪や名札などのように身元表示をはっきりしておきましょう。

トイレのしつけをする

 トイレのしつけをせず、外で自由にさせておくと、近所の庭などに入り込んで用を足し、近所の人が非常に迷惑します。家の中にトイレを用意して使わせるようにしましょう。

飼育に関する相談

 埼玉県動物指導センター南支所(電話048-855-0484)