ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民税課 > 医療費控除および医療費控除の特例について

医療費控除および医療費控除の特例について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月26日更新

1.(従来の)医療費控除

 平成30年度の申告より、従来ご提出して頂いていた領収書が不要となりました。ただし、「医療費控除の明細書」の提出は必要です。
 また、医療保険者が発行する必要事項の記載された「医療費通知」(「医療費のお知らせ」など)を添付することにより、「医療費控除の明細書」の明細部分の記入を省略できます。
 対象の「医療費通知」は以下の項目がすべて明記されたものに限ります。
  (1)被保険者等の氏名
  (2)療養を受けた年月
  (3)療養を受けた者
  (4)療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称
  (5)被保険者等が支払った医療費の額
  (6)保険者等の名称

 ■注意点
  ・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)との併用はできませんので、ご注意ください。
  ・領収書は5年間の保存が義務付けられています。

 ■(従来の)医療費控除の明細書 [PDFファイル/209KB]

2.医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)

 平成30年度から平成34年度の申告まで医療費控除の特例が施行されました。
 制度の概要については、以下のページをご参照ください。
(参考:スイッチOTC薬控除・セルフメディケーション税制について

 ■注意点
  ・(従来の)医療費控除との併用はできませんので、ご注意ください。
  ・領収書は5年間の保存が義務付けられています。

 ■医療費控除の特例の明細書 [PDFファイル/198KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)