ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

 高齢者の医療の確保に関する法律(平成18年6月成立)の施行により、平成20年4月から75歳以上の人全員を対象に新たな医療制度が始まりました。後期高齢者医療制度は、埼玉県内の全市町村で構成する「埼玉県後期高齢者医療広域連合」が運営の主体になり、保険料の決定、保険証の交付、医療を受けたときの給付などを行います。各市町村では、保険料の徴収、各種申請・届け出の受け付け、保険証の引き渡しなどの窓口業務を行います。

埼玉県後期高齢者医療広域連合へリンク

制度の詳細は、「埼玉県後期高齢者医療広域連合」のホームページでも紹介していますので、ご覧ください。

被保険者(加入者)

 後期高齢者医療制度の被保険者(加入者)になる人は、埼玉県内に住んでいる75歳以上の人(生活保護を受けている人を除く)と65歳以上75歳未満で一定の障害のある人(申請して広域連合の認定を受ける必要があります)です。
※ 健康保険組合などの被扶養者だった人も対象になり、後期高齢者医療制度への加入後は、国民健康保険、健康保険組合、協会けんぽ、共済組合などの被保険者ではなくなります。

加入する日

・75歳になった時(75歳の誕生日当日)から
・75歳以上の人が市町村に転入した日から
・65歳以上75歳未満の一定の障害のある人が申請して広域連合の認定を受けた日から
※65歳未満時点で広域連合が認定する一定の障害者手帳の交付を受けていた方又は、障害基礎年金1から2級を受給している方が65歳到達以降後期高齢者医療保険に加入すると、重度心身障害者医療費の助成を受けられる場合があります。詳しくは障害福祉課へお問い合わせください。

被保険者証(保険証)

 被保険者全員に後期高齢者医療被保険者証(保険証)が1人1枚交付されます。毎年8月に更新されます(7月下旬に簡易書留で新しい保険証を郵送)。

保険料

 保険料は、被保険者全員が納めます。75歳になった人は、誕生月から、月割で保険料がかかります。保険料率は、埼玉県内では原則均一になります。また、医療の給付などの状況から、2年ごとに見直しされます。

保険料の計算(令和2・3年度)

 保険料は均等割額と所得割額を合計して計算されます。均等割額は定額、所得割額は基礎控除後の所得金額に、所得割率を乗じて算出します。埼玉県では均等割額41,700円、所得割率7・96%です。年間の保険料額の上限は64万円です。
保険料(年額)
=均等割額(41,700円)+所得割額(基礎控除後の総所得金額等×所得割率7・96%)
計算例     年金収入2,500,000円の場合
 2,500,000円-1,200,000円(公的年金等控除額)=1,300,000円
 1,300,000円-330,000円(基礎控除額)      =970,000円
 970,000円×0.0796(所得割率)                       =77,210円(10円未満切り捨て)
 41,700円(均等割額)+77,210円(所得割額)     =118,900円(100円未満切り捨て)

後期高齢者医療制度における保険料の軽減について

 令和2年度は、以下の軽減を行います。「保険料額決定通知書」に軽減額などが記載されていますので、ご確認ください。
(1)世帯内の「後期高齢者医療制度の被保険者」と「世帯主」の総所得金額等の合計額が、33万円+52万円×「世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者数」以下の世帯
→ 均等割が2割軽減となります。
(2)世帯内の「後期高齢者医療制度の被保険者」と「世帯主」の総所得金額等の合計額が、33万円+28・5万円×「世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者数」以下の世帯
→ 均等割が5割軽減となります。
(3)世帯内の「後期高齢者医療制度の被保険者全員」と「世帯主」の総所得金額等の合計額が33万円以下の人
→ 均等割が7・75割軽減となります。
(4)(3)の人のうち、世帯内の「後期高齢者医療制度の被保険者全員」が、年金収入80万円以下でほかの所得がない世帯の人
※給与収入などがある場合でも、控除後の所得が0円である場合です。
→ 均等割が7割軽減となります。
※介護保険料の軽減強化や年金生活者支援給付の支給と合わせて軽減特例の見直しが行われています。
(5)後期高齢者医療制度に加入する直前が「会社などの健康保険の被扶養者」であった人
→ 所得割がかからず、均等割額が加入後2年間に限り5割軽減となります。

 

※平成30年度以降の保険料軽減措置の変更について(埼玉県後期高齢者医療広域連合へのリンク)

変更の詳細は、「埼玉県後期高齢者医療広域連合」のホームページをご参照ください。

保険料の納め方

 年金が年額18万円以上の人→年金から天引きされます(特別徴収)。
年金が年額18万円未満の人→口座振替または上尾市から郵送される納付書で納めます(普通徴収)。
※ 介護保険料と合わせた保険料額が年金額の2分の1を超える場合は普通徴収。

医療機関で受診するとき

 医療機関で受診するときは、埼玉県後期高齢者医療広域連合が交付した保険証を持参してください。窓口では、かかった医療費の一部(1割。ただし、現役並み所得者は3割)を負担します。

主な給付

 医療費が高額になったときの高額療養費や入院したときの食事代・訪問看護療養費などの給付、葬祭費の支給などがあります。

高額医療・高額介護合算制度

 同一世帯の被保険者で、医療費と介護保険の自己負担が発生している場合に、これらを合わせた額を年額でも上限を設け、負担を軽減する制度があります。