ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 道路課 > 第二産業道路について

第二産業道路について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月16日更新

第二産業道路について

事業の概要

第二産業道路は県境(草加市)から桶川市の県道川越栗橋線へ至る全長31.8kmの県道の総称です。
現在、事業者である埼玉県(北本県土整備事務所)により、上尾市内の県道上尾環状線から県道上尾蓮田線に至る900mの区間において事業が進められています。
この第二産業道路の整備に伴い、国道17号や現道である県道さいたま菖蒲線の交通渋滞解消が図られます。
第二産業道路事業の区間

早期完成に向けた取組み

道路沿線(川口市、上尾市、桶川市)の市長や議長、都市整備部門の常任委員長などで組織する第二産業道路建設促進期成同盟会(会長:畠山稔上尾市長)では、平成30年11月2日に事業者である埼玉県および埼玉県議会へ「事業中区間の早期完成および以北への延伸」、「道路整備予算の確保」について要望書を提出しました。
第二産業道路要望活動
西成秀幸 埼玉県県土整備部長へ要望書を提出
第二産業道路要望活動
高橋政雄 埼玉県議会副議長へ要望書を提出