ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市街地整備課 > 大谷北部地区都市再生整備計画 事後評価の公表

大谷北部地区都市再生整備計画 事後評価の公表

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

はじめに

 上尾市では「大谷北部地区」において平成23年度から平成27年度にかけ、都市再生整備計画事業を活用して、土地区画整理事業、道路改良事業や防犯灯設置事業などに取り組んできました。

事後評価の目的

 交付金がもたらした事業成果等を客観的に診断し、効果発現の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、これらを住民にわかりやすく説明することを目的としています。

事後評価の公表について

 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)では、事業実施前の計画段階で目標となる数値目標を設定し、事業最終年度に事後評価を行い達成状況の確認をすることになっています。事後評価の合理性・客観性を担保するために、平成28年11月から12月にかけて2週間の間、事後評価の原案を公表しました。その後、学識経験者を含む「都市再生整備計画事業事後評価委員会」で事後評価全般の適正について審議しました。
 このたび、大谷北部地区の事後評価結果がまとまりましたので公表します。

【事後評価シートの公表場所】

・上尾市ホームページおよび市街地整備課窓口、ならびに大谷北部第二土地区画整理事務所、大谷北部第四土地区画整理事務所の各窓口にて閲覧いただけます。

  都市再生整備計画事後評価シート [PDFファイル/1.05MB]

  都市再生整備計画整備計画書(参考) [PDFファイル/1.3MB]

大谷北部第二土地区画整理組合
大谷北部第四土地区画整理組合

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)