ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 交通防犯課 > 交通死亡事故多発非常事態宣言発令中

交通死亡事故多発非常事態宣言発令中

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日更新

交通死亡事故多発非常事態宣言が発令中です(埼玉県)

非常事態宣言について

 

 

埼玉県内の交通死亡事故について

 

  • 平成30年10月30日現在で、149人の方が交通事故でなくなっており、過去3年間の同時期の平均と比較して15人増加するなど、異常な増加傾向にあります。
     

市民の皆様へ

 

  • 特に、高齢歩行者の交通事故、自転車乗用中の交通事故、夕方から夜間の交通事故が多発しています。
     
  • 車や自転車を運転する際は周りをよく見て、安全運転を心がけましょう。
    また、視界の悪くなる夕方から夜間の時間帯は、車両のライトを早めに点灯し、歩行者は反射材を身につけるなどして交通事故の防止に努めましょう。

 

横断歩道の通行について

 

  • 全国の過去5年間の自動車体歩行者の交通死亡事故の内、その大半が道路横断中に発生しています。
    信号機のない横断歩道での交通死亡事故では、自動車の横断歩道手前での原則が不十分なものが多発していました(時速40km/hから時速60km/h)。
    また、道路横断中の交通死亡事故の発生場所の約7割は横断歩道以外であり、うち約8割は歩行者側にも法令違反が認められました。

     
  • 車両運転者は、横断歩道の手前では十分に原則をして、歩行者の横断を優先するようにしてください。
     
  • 歩行者は、周囲の安全確認を行い、横断歩道を渡るようにしてください。