ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 岩手県陸前高田市への支援物資の提供と被災地調査(陸前高田市、宮城県気仙沼市)

岩手県陸前高田市への支援物資の提供と被災地調査(陸前高田市、宮城県気仙沼市)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月26日更新

 東日本大震災直後から上尾市では、現地からの要請に基づき埼玉県隊として岩手県陸前高田市へ消火隊を、福島県本宮市へ救急隊を継続的に派遣してまいりました。島村市長は消防から現地の状況報告を受け、支援物資の提供を判断。陸前高田市との連絡調整を行い、4月21日、現地で極端に不足している物資を島村市長自ら届けるとともに、現地の被害状況を調査しました。
 島村市長と戸羽市長

一関市から陸前高田市へ

 国道343号線(今泉街道)を進み、陸前高田市域に入りました。ここも当日は震度6弱を計測していますが、倒壊家屋などは見られず、一見通常の生活が営まれているように見えますが、山間を抜け気仙川の支流域から突然景色は一変しました。海からは8km以上離れていますが、おそらく川を遡上してきたであろう津波によって、町並みは一切失われ瓦礫の山となっていました。
竹駒地区 自衛隊による撤去作業

陸前高田市災害対策本部(学校給食センター)に到着

 到着次第、支援物資の搬入を行いました。受け取りには支援派遣中の官公庁職員や自衛隊員が手伝ってくれました。
戸羽市長と 搬出作業

災害対策本部事務室で戸羽市長から被害状況の説明

 陸前高田市は津波で市庁舎が全滅したため、1.5kmほど北方にある学校給食センターに本部を設置しています。戸羽市長もここで公務をしています。震災から40日経過した今まで1日も休むことなく、相当疲れているにもかかわらず、30分以上に渡り被害の全容を丁寧に説明してくれました。
説明を受ける島村市長 島村市長と戸羽市長

陸前高田市被災地調査

 被災地の状況を調査するため、陸前高田市役所前に車を止め、周囲を調査しました。戸羽市長から話があったとおり、庁舎は3階まで破壊され、屋上にも津波が押し寄せた様子が見てとれます。テレビ・新聞などの報道で、ある程度被害状況は想像していたものの、実際360度周囲を見渡し、瓦礫の山が続く廃墟の街並に目の前の景色を驚くばかりでした。おそらく、市民会館で亡くなったであろうご家族が手向けられた花束や菓子を見て、ただただ頭を垂れるしかありませんでした。
ショッピングセンター 市役所

 また、市民会館脇で松葉づえをついた70代と思われる男性と出会いました。男性は「市民会館で震災に遭い、3階に避難していたところ、津波が今まで見たことのない高さで真っ黒な塊となって現れ、一気に流されました。自分は窓のない部屋に打ちつけられたため一命を取り留めましたが、数10cm脇にいた妻は窓を突き破って流され、約1km先で遺体で見つかりました。同じ階には40~50人いましたが、助かったのは自分も含め11人だけでした。また消防団で避難誘導していた長男も津波に飲み込まれ遺体で見つかりました」と語り、一同言葉を失いました。
被災者と 廃墟と化した建物

宮城県気仙沼市被災地調査

 気仙沼市は津波による被害の他、湾岸の崩壊したタンクから漏れた重油に引火したことから大規模な火災が発生しました。こちらも震度6弱の揺れがあったにもかかわらず、途中までは倒壊した家屋などはなく、普段の生活が営まれているように見えましたが、海辺から6kmの鹿折川(ししおりがわ)の河川敷には、下流から遡上してきたであろう瓦礫が山となっていました。
 海沿いの工場跡地に車を止め、外に出た瞬間、火災の影響からか、焦げた臭いと、潮の香りと、重油が入り混じった何とも言えない臭気が立ち込めていました。
炎上した船 液状化した護岸
 眼前には、報道を通じて何度となく見てきた、座礁した漁船が陸に打ち上げられていました。岸壁は壊れていないことから、相当の高さの津波にそのまま陸に押し上げられ、ビルなどの堅い建物にあたって辛うじて止まったようです。20トン以上の船が40隻以上打ち上げられた風景が目の前に広がっているにもかかわらず、なかなか現実のものとして受け止めることができませんでした。
 以前この場所に住んでいたと思われる人たちが瓦礫をかき分け、家族の大切な品物を探している姿が散見されました。周囲は冠水しているため、瓦礫の撤去にはまだ時間がかかりそうです。
折り重なる船 旅館

 最後になりますが、今回の支援物資輸送にあたり、物資提供に全面的に協力をいただいた井上スパイス工業、上尾市青果低温貯蔵、UDトラックスをはじめ、多くの皆さんに深く感謝申し上げます。
 東日本大震災で被災された皆さんに心からお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

今回提供した支援物資は以下のとおりです

(1)井上スパイス工業(株)商品(レトルトカレー、カレー粉、香辛料など)

※井上スパイス工業(株)による無償提供と、一部を上尾市部課長会が購入。

(2)上尾市場商品(マヨネーズ、ケチャップ、みそ、しょうゆ、塩などの調味料)

※上尾市青果低温貯蔵(株)による提供と一部を上尾市部課長会が購入。

(3)UDトラックス(株)から寄付提供(インナースーツ約1000着)

(4)靴、長靴各100足  計200足  他

※上尾市部課長会が購入。

東日本大震災関連の情報はこちらから

 「震災関連情報」