ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 平成31年度 国民健康保険加入者の保養施設利用補助

平成31年度 国民健康保険加入者の保養施設利用補助

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

国民健康保険加入者の保養施設利用補助

納期までの国民健康保険税を完納している世帯で、国民健康保険に加入している、宿泊日現在3歳から74歳までの人が、「指定保養施設」を宿泊利用する場合に、事前申請により年度内2泊に限り利用助成券(1泊3,000円)を交付します。  

保養施設利用申し込み

 利用希望者は、直接保養施設に電話をして予約をします。その際に、埼玉県国民健康保険団体連合会の保養施設宿泊利用共同事業を利用する旨を伝え、必ず宿泊料金を確認してください。
※宿泊料金は各施設で異なり、季節によっても異なります。

※旅行業者を仲介した場合はご利用できません。また、施設の利用プランによっては利用できない場合がありますので施設にご確認ください。

利用券と助成券の発行

 保養施設に宿泊予約をした後、「保養施設宿泊利用助成申請書」に所定事項を記入し、保険年金課(市役所1階11番窓口)に提出してください。利用者の資格要件を確認のうえ、利用券と助成券を交付します。保養施設に宿泊の際には必ず利用券(押印済みのもの)と助成券を提出してください。助成券に記載された額が差し引かれた金額で利用できます。


 なお、各支所・出張所でも申し込み(利用日15日前までの受け付けのみ)ができます。保険年金課に到着後、申請内容を確認し、後日「利用券」と「助成券」を郵送します。必ず届いた券に押印して、保養施設に提出してください(持参しないと補助が受けられません)。
 また、利用日15日前を過ぎた後の支所・出張所での申請は、利用条件の確認や書類郵送期間の確保ができる場合には、お受けできる場合があります。希望される場合には事前に保険年金課 国保給付担当(電話048-782-6481)までご連絡ください。

宿泊予約の取り消し、変更の手続き

 予約後の取り消しや変更の際は、本人が保養施設に連絡をして、保険年金課へ利用券と助成券を返還し、取り消し・再申請の手続きをしてください。
 変更の届け出をしなかったことで、保養施設が損害を受けたとき、利用者は違約金の請求を受ける場合があります。

 ※利用申し込みは宿泊日の3日前までです(支所・出張所の場合は15日前まで)。なお、土・日曜日、祝日は利用券・助成券の発行はできません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)