ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

脳脊髄液減少症

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

 交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脳脊髄液が漏れ出し減少することで、頭痛やめまい、吐き気などさまざまな症状を引き起こす病気とされています。
交通事故やスポーツ外傷の後、頭痛やめまいなどの症状がみられる場合には、安静を保ちつつ、医療機関を受診するなど適切な対応が必要とされています。
 現在、この病気については、国の研究班において、統一的な判断基準の確立と有効な治療法の研究がおこなわれている段階であり、診断・治療法が確立されていないことから、診療を行うことができる医療機関に関する情報を得ることが困難な状況にあります。
 県では、県内の病院を対象に脳脊髄液減少症の診療に関する調査を行い、県ホームページで情報提供をしています。

このページに関するお問い合わせ先 

東保健センター(健康増進課)

上尾市緑丘2-1-27

電話 048-774-1414 Fax 048-774-8188

西保健センター(健康増進課)

上尾市春日2-10-33

電話 048-774-1411 Fax 048-776-7355

お問い合わせはこちら