ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 職員課 > コンプライアンス研修会を実施

コンプライアンス研修会を実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月12日更新

 7月9日に文化センターで、市長・副市長・教育長も含め課長職以上の職員を対象に研修を実施しました。これは、西貝塚環境センターの入札に係る第三者調査委員会からの再発防止策の提言を受けて、職員の職務に係る倫理の保持に資するために行ったものです。講師に、高嶋直人さん(人事院公務員研修所客員教授、写真右)を迎え、講演していただきました。


 講演では、自治体や公務員におけるコンプライアンスについて、具体的な事例も交えつつ、不祥事防止のために求められる組織的対応や職員のコンプライアンス意識の在り方を改めて学びました。講師からは「不祥事が発生した場合は、(当事者に)そうさせたものが一体何なのかを考えることが重要。」、「市民ファーストはもちろんだが、目の前の市民だけではない。公務員は全体の奉仕者であることを自覚して行動すべき。」など、職員全員が当事者意識を持ち、職場内においても互いに関心を持って小さな兆しも見逃さないことが不祥事を未然に防ぐことに繋がること、また、組織全体で防止に取り組むことが重要であることをご教示いただきました。


 市では、今後、職員一丸となって信頼回復に努めるとともに、市民の皆さんに不信や疑惑を招くことがないよう公正な職務遂行に全力を尽くしてまいります。

 

 コンプライアンス研修会受講の様子 講師:人事院公務員研修所客員教授 高嶋直人さん