ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「えほんだいすき!あげおだいすき!」が行われました。

「えほんだいすき!あげおだいすき!」が行われました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月10日更新

 2月10日、大谷公民館と西消防署大谷分署で「えほんだいすき!あげおだいすき!」が行われました。

 昭和30年代に上尾市消防団第八分団で活躍した消防車をモデルに描かれた絵本『しょうぼうじどうしゃ じぷた』。そのモデルとなった車両は、今でも大谷分署で消防活動に使用されています

じぷたの読み聞かせを聞く子ども達

 大谷公民館でじぷたの読み聞かせを聞いた後、参加者は西消防署大谷分署へ移動。消防士から、消防車や救急車についての話を聞きました。

 絵本に出てきた消防車が目の前に現れると、子どもたちは大喜び。じぷたのモデルとなった消防車だけでなく、救急車なども間近で見ることができ、子どもたちは興味津々に消防士から説明を聞いていました。

 消防車の説明を聞く子ども達 救急車の説明を聞く子ども達
 じぷたのモデルとなった消防車に大喜び じぷたのモデルとなった消防車の説明を聞く子ども達

 絵本のモデルとなった消防車を間近で見ることができただけではなく、実際に上尾の町を守ってくれている消防士たちと触れ合うことができ、子どもたちにとって大満足のイベントとなったようでした。

 しょうぼうじどうしゃじぷたの絵本 1963年に撮影された上尾市消防団第八分団とジープ型車両