ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「宝くじふるさとワクワク劇場in上尾」が行われました

「宝くじふるさとワクワク劇場in上尾」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月13日更新

吉本新喜劇に挑戦した公開オーディションの合格者たち

 2月10日、文化センターのリニューアル記念として「宝くじふるさとワクワク劇場in上尾」が開催されました。

 このイベントは、宝くじの社会貢献広報事業として、宝くじの受託事業収入を活用したもので、漫才やコントなどが3部構成で行われました。

 第1部の「お笑いオンステージ」では「宮川大助・花子」「西川のりお・上方よしお」「北陽」「マヂカルラブリー」の4組が登場。漫才やコントなど自慢のネタで会場を沸かせました。

宮川大助・花子の漫才 西川のりお・上方よしおによる漫才

コントを披露する北陽 マヂカルラブリーによる漫才の様子

 第2部の「ふるさとわが町、あのひと、このひと」では「畔吉ささら獅子舞保存会」の活動が紹介されました。壇上で獅子舞の一部が披露されると、勇猛な獅子の踊りに観客から大きな拍手が送られました。

インタビューに答える畔吉ささら獅子舞保存会 インタビューに答える畔吉ささら獅子舞保存会の井原会長

壇上でささら獅子舞を披露 観客へ手を振る畔吉ささら獅子舞保存会

 第3部の「ほのぼのコメディ劇場」では、公開オーディションに合格した8人が、吉本新喜劇メンバーと共演。新喜劇定番の「ズッコケ」や、大阪名物「パチパチパンチ」、チャンバラが披露されるたびに、会場は大きな笑いに包まれました。

吉本新喜劇の様子 「ズッコケ」に挑戦する公開オーディションの合格者

医者役に扮するチャーリー浜(右) 大阪名物「パチパチパンチ」を披露する公開オーディションの合格者

チャンバラに挑戦する公開オーディションの合格者