ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「第3回あげお郷土こどもかるた大会」が行われました

「第3回あげお郷土こどもかるた大会」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月27日更新

素早くかるたを取り合う参加者

 11月25日、市民体育館で上尾市青少年育成連合会主催による「第3回あげお郷土こどもかるた大会」が開催されました。

 これは、平成26年3月に完成した「あげお郷土こどもかるた」を使用した大会で、子どもからお年寄りまで237人(79チーム)が参加しました。3人1組のチーム対抗形式で対戦し、獲得した札の枚数を競い合いました。

 かるたを見つめる参加者のまなざしは真剣そのもの。競技が進むにつれてどんどん前のめりの体勢になりながら、読み上げられる札を一生懸命に探していました。

札を取れて喜んだり、お手付きをしてしまって悔しがったりと、参加者は皆、かるたに描かれた市の魅力や伝統文化などを学びながら楽しんでいました。

かるたを楽しむ参加者 かるた大会の様子

読み手がかるたを読み上げる かるた大会の様子

かるたを楽しむ親子

 また、かるたの後には大型紙芝居の『十日夜』と『一休さん』が披露されるなど、子どもたちにとって楽しい一日となりました。

紙芝居の様子 表彰式の様子