ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 県央地域一日体験モニター事業が行われました

県央地域一日体験モニター事業が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月20日更新

 10月28日と11月18日、県央地域一日体験モニター事業が行われました。これは、県央地域での子育ての魅力をPRするとともに、県央地域への転入のきっかけとしてもらうことを目的に、市外の人を対象としたバスツアーです。

 

 28日、JR大宮駅で集合した参加者は、富士見小学校で最新の教育設備を見学した後、子どもの読書活動支援センターで校長先生による読み聞かせの授業風景を見学しました。その後、児童館こどもの城へ移動し、施設内の見学の後、遊具などで楽しく遊びました。参加した子ども達は「もっと遊びたい」と後ろ髪を引かれつつも、十分満喫し次の伊奈町へ向かいました。

富士見小到着 展示見学

図書室見学 校内見学

校長先生から読み聞かせ こどもの城で館長から説明

こどもの城のおもちゃで遊ぶ参加者 からくり人形の展示を見学

 18日はあいにくの曇り空でしたが、東京都内・埼玉県内から定員を超える応募者が参加しました。昼食から市内を訪れた参加者は、東武ホテルでの昼食後、まず榎本牧場で餌やりと乳しぼりの体験を行いました。参加した子どもたちは、自分の倍以上の大きさの牛におっかなびっくり。それでも愛らしい牛に次第に笑顔もこぼれました。体験後は特製のミルクジェラートをいただき、大満足で次の自然学習館に向かいました。

餌やりにドキドキ お父さんと一緒に

いっぱい食べてね 初めての乳しぼり

上手くできたよ 上手にできたよ

子豚もかわいい 大人も楽しく

 自然学習館では、施設展示を自由に見て回り、併設する農産物特売所で地産の新鮮野菜の買い物を楽しみました。

大人も興味津々 大人も興味津々

農産物の買い物 僕たち宇宙飛行士

 最後は丸山公園で自由散策。あいにくの天気のため広大な丸山公園がツアー参加者の貸し切り状態。子どもたちは遊具を見つけると一目散に猛ダッシュ‼ 大はしゃぎで遊ぶ姿に親御さんも満面の笑みでした。大人たちは色づき始めた紅葉を楽しみつつ、記念写真を撮るなど、上尾の自然の豊かさに驚いている様子でした。

長い滑り台に大喜び ママもとても楽しそう

紅葉もキレイです 怖いけど楽しい

こっちもすごい滑り台 最後は記念写真で