ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > まちの魅力を爽やかに発信 上尾商工会議所青年部会長 関口 恭史さん、フレッシュあげお(望月 瑞穂さん、安野 久美さん、八木橋 ゆりさん) ~スポットライト 人・仲間~

まちの魅力を爽やかに発信 上尾商工会議所青年部会長 関口 恭史さん、フレッシュあげお(望月 瑞穂さん、安野 久美さん、八木橋 ゆりさん) ~スポットライト 人・仲間~

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新

「キラリ☆あげおPR大使」に任命

左から上尾商工会議所青年部会長 関口恭史さん、フレッシュあげお 望月瑞穂さん、安野久美さん、八木橋ゆりさん 「花いっぱい運動」でプランターへの寄せ植えを体験

 例えるならば、3輪の可憐な花。きらめく笑顔や明るい声で、会場を爽やかな雰囲気に変えてくれるのは、「2017フレッシュあげお」の望月瑞穂さん、安野久美さん、八木橋ゆりさんです。

 フレッシュあげおは、平成11(1999)年に、上尾商工会議所青年部20周年記念事業として始まりました。毎年、応募者の中から3人を選出し、1年間さまざまなイベントに参加しています。

 「初めは、上尾商工会議所と青年部のPR活動が中心でしたが、徐々に市のイベントなどにも参加する機会が増え、活動の幅が広がってきました」。そう語るのは、青年部会長の関口恭史さん。イベントにはお子さんと一緒に参加するなど、良き父親でもある関口さんですが、「フレッシュあげおと一緒にまちの魅力を発信することで、地域社会の発展を目指していきたい」と話す眼差しからは、上尾をもっといいまちにしたいという熱い思いが伝わってきます。

 3人がフレッシュあげおに応募した理由は「生まれ育った上尾市に恩返しがしたい(望月)」「姉も経験していたフレッシュあげおに、ずっと憧れていた(安野)」「自分が住む町のことをもっと良く知りたい(八木橋)」と三者三様です。そんな3人に、フレッシュあげおの活動の魅力を尋ねると「今まで知らなかった多くのイベントに参加できること」だと口をそろえます。「花いっぱい運動」ではプランターへの寄せ植えを行うなど、司会だけでなく、実際にイベントを体験できることも大きな魅力です。

 6月30日には、市の魅力を市内外に発信する「キラリ☆あげおPR大使」に任命されました。関口さんは「市と商工会議所がさらに連携を深め、官民協働によるイメージアップを目指していきたい」と意気込みを語ります。「大使として気を引き締めて頑張っていきたい(望月)」「任命して良かったと思っていただけるように頑張りたい(安野)」「より身近な存在として、自分に何ができるのか考えながら活動していきたい(八木橋)」と思い思いに決意を語る3人。これからも3輪の可憐な花は、まちの魅力を多方面に伝えていきます。