ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > おやこdeエコ・クッキング~おいしく楽しくエコロジー~が行われました

おやこdeエコ・クッキング~おいしく楽しくエコロジー~が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月27日更新

自分で作った料理に大満足

 7月8日から25日の期間で、市内各公民館と西保健センターを会場に「おやこdeエコ・クッキング」が開催されました。

 これは市と市食生活改善推進員協議会、東京ガス株式会社が共催し、「食」を通して環境やエコについて楽しく学ぶことを目的にしています。

 25日に西保健センターで行われたエコ・クッキングには11組25人が参加しました。

 講習では、料理に使う食材が各家庭に届くまでの時間や方法から、調理の際に気を付けるポイントや節約のための知恵などが説明され、子どもたちは真剣に聞き入っていました。

食についての説明 真剣に話を聞きます

 調理の実習が始まると、笑顔と歓声があふれる会場となり、初めて会ったお友達とも和気あいあいと調理を進めました。作る料理はパエリア・野菜スープ・白玉のデザートで、野菜を細かく切ったり、エビの背ワタを取ったり、初めての作業に子どもたちはおっかなびっくり。お母さんたちは心配ながらも、子どもたちの頑張る姿に終始楽しそうでした。また調理の一つ一つの行程で、事前に教わった節約ポイントを実践し、楽しみながらも真剣に学びました。

まずは手洗い 包丁にドキドキ

エビの背ワタ、きれいに取れるかな パエリア作り。野菜を煮ます

主役のお米を投入 パエリア きれいにできたよ

 パエリアが出来上がると、会場はおいしそうな匂いに包まれ、その出来上がりに各テーブルでは歓声が上がりました。盛り付けにも気を遣い、自分が食べられる分だけお皿に取るなど、無駄を省くポイントを教わりました。

みんなおいしくできたね1 みんなおいしくできたね2

みんなおいしくできたね3 みんなおいしくできたね4

みんなおいしくできたね5 

 最後に各テーブルの調理くずの重さが量られ、1テーブル5~6人で80グラム前後と十分な結果に、参加者も推進員も各自の努力にみんなが拍手を送り合いました。

調理くずの重さを量りました