ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「バレーボール教室」~上尾メディックスの選手から学ぼう~が行われました

「バレーボール教室」~上尾メディックスの選手から学ぼう~が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月26日更新

バレーボール教室の様子

 7月25日、上尾市民体育館で「子どもの体力向上地域連携事業『バレーボール教室』~上尾メディックスの選手から学ぼう~」が行われました。

 この教室は、「キラリ☆あげおPR大使」であり、Vリーグに所属する女子バレーボールチームの上尾メディックスと連携し、生徒と選手の交流を通じて体を動かすことの楽しさを味わい、積極的に運動に楽しむことで体力の向上をはかることを目的に開催しており、市内中学校の女子バレーボール部員147人が参加しました。

 午前中の基礎練習では、各校ごとに選手が専属でコーチし、パス、レシーブ、サーブ、トス、アタックといった基礎的な動きの指導を行いました。日本最高峰の選手から直接指導を受けるということで、生徒たちも初めは緊張気味でしたが、一緒に練習するこで徐々に緊張もほぐれ、和やかな雰囲気の中、指導を受けていました。また、練習の合間に設けた選手への質問コーナーでは、プロ選手からのアドバイスに真剣に耳を傾けていました。

体幹トレーニングの様子 オーバーパスのやり方を指導

レシーブの動き方の指導 質問コーナーの様子

 午後の各校対戦の練習試合では、午前中に教わった指導内容をチェックしながら、白熱した試合が繰り広げられました。

練習試合の様子 練習試合の様子

あこがれの選手たちとの交流は、生徒たちにとってかけがえのない夏の思い出となりました。

上尾メディックスの選手から生徒へプレゼント

開催を記念して全員で記念撮影