ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 合言葉は「交通安全は家庭から」 小林美夏さん(平方地区) まちかど特派員だより

合言葉は「交通安全は家庭から」 小林美夏さん(平方地区) まちかど特派員だより

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月28日更新

合言葉は「交通安全は家庭から」

 私は交通安全母の会の会員となり、毎年会費を納めているものの、どのような活動をしている会なのかよく分からないままでした。地域の活動などを取材するというこの機会に、皆さんと一緒に少し交通安全母の会について触れてみたいと思います。
 私の住んでいる平方地区では、昨年の会員募集のときに啓発品と一緒に母の会の概要などが書いてあるチラシが配布されました。一部抜粋してご紹介します。

 「交通安全母の会は、「交通安全は家庭から」を合言葉に、特に家庭における交通安全教育や地域における交通安全思想の普及・啓発活動に重点を置いています。交通安全運動期間などに行う街頭活動や広報活動の実施など、地域における交通事故防止に大きく貢献しています。また、上尾市、上尾警察署、上尾地方交通安全協会などと催し物を共催したり、行事に参加したりするなどの協力を行っております」とあり、地域や家庭に根差した活動をしているようです。

 また、市内全6地区の母の会からなる、「上尾市交通安全母の会連合会」もあり、啓発劇なども行っているそうです。
 小学3・4年生の社会科の教科書『のびゆく上尾』にも、安全なくらし、という項目の中で交通安全母の会が登場しています。娘が「学校で習った」と教えてくれました。教科書にも載っている団体なのですね。
 昨年、平方地区で副会長を務めた林さんに具体的な活動について聞いたところ、青色防犯パトロール(通称「青パト」)、夏休み交通安全映画会の開催、平方地区大運動会、平方防災EXPOでのお手伝いなど、活動の幅はとても広いものでした。林さんは「役員をやってみて、交通ルールやマナーを正しく学ぶ機会もでき、交通安全への意識が高まるようになりました。貴重な体験です」と充実した感想をいただきました。

 交通安全について家庭で話題となり、心に留め置くことを繰り返すことが、地域の交通安全に繋がっていくのですね。

 「交通安全は、家庭から!」

小林美夏さん 連合会理事有志マザーズによる啓発劇 あじのひらき

   

 

上尾市公式ソーシャルメディアでも情報をお伝えしています。

snsバナー

上尾市広報広聴課facebook  http://www.facebook.com/Ageokouhou
上尾市広報広聴課twitter https://twitter.com/Ageo_kouhou