ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「【フラット35】子育て支援型及び上尾市子育て三世代同居・近居応援事業に係る相互協力に関する協定締結式」が行われました

「【フラット35】子育て支援型及び上尾市子育て三世代同居・近居応援事業に係る相互協力に関する協定締結式」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月22日更新

3月22日、「【フラット35】子育て支援型及び上尾市子育て三世代同居・近居応援事業に係る相互協力に関する協定締結式」が行われました。

これは、本年4月から「子育て三世代同居・近居応援事業」を実施するに当たり、独立行政法人住宅金融支援機構と協力・連携するために協定を締結するもので、本協定により、子育て支援を積極的に行う地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対して地方公共団体が行う補助金交付等とセットで【フラット35】の借入金利が一定期間引き下げられます。

冒頭のあいさつでは、畠山市長から「本協定の締結に至ったことは大変、喜ばしい。少子高齢化解消には、子育て支援の充実が重要であり、今後は、住宅金融支援機構と共に、一層支援の充実を図りたい」と話しました。

また、独立行政法人住宅金融支援機構の佐藤正人地域業務第二部長は、「上尾市と住宅金融支援機構が車の両輪となって、地域の子育て環境を整備していきたい」述べました。

今後は、住宅金融支援機構と協力しながら、世代間で相互に子育て支援できる環境を推進するとともに、子育ての孤立防止や定住人口の増加を図っていく予定です。

協定締結

協定締結   協定締結