ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > カルピスこども乳酸菌研究所が行われました

カルピスこども乳酸菌研究所が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月23日更新

 8月22日、コミュニティセンターで子ども消費生活講座「カルピスこども乳酸菌研究所」が行われました。これは、小学4~6年生を対象に「カルピス」を材料にして乳酸菌を学ぶ講座です。

講座では、乳酸菌や酵母を顕微鏡で観察したり、異なる乳酸菌で発酵したヨーグルトを食べて味や匂いの違いを体験しました。

乳酸菌を観察 乳酸菌の観察

顕微鏡で観察 酸っぱさの測定

酸っぱさを測定 講義のようす

後半には、「大切なだれかの笑顔のために」をテーマに、どんな乳酸菌を発見したいかのアイデアを考えて発表しました。子どもたちからは「自分のために、お母さんの怒りを鎮めてくれる乳酸菌」や「がんの人が多いので、がんを治してくれる乳酸菌」など、子どもらしいものから誰もが発見されてほしいと願うものまで、さまざまなアイデアが考えられました。

カルピスこども乳酸菌はかせに任命 カルピスで乾杯

最後には、子どもたちに「カルピスこども乳酸菌はかせ」の任命状とバッチが手渡され、新たに17人の「カルピスこども乳酸菌はかせ」が誕生しました。