ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > そろそろ一緒に「ひとやすみ」 結城峻寛さん(原市地区) まちかど特派員だより

そろそろ一緒に「ひとやすみ」 結城峻寛さん(原市地区) まちかど特派員だより

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月27日更新

そろそろ一緒に「ひとやすみ」 

 「みんなは私が介護を頑張っていることを理解してくれない…」、その辛い思いを受け止めてほしいと思ったことはないでしょうか。その思いを、真摯に受け止めている介護者サロン「ひとやすみ」を取材しました。
 「ひとやすみ」は、「介護中の人や介護を経験した人同士が介護の現状や不安などを語り合うことで、介護者の心の負担を少しでも軽減したい!」という願いの下、平成27年7月から始まりました。
 「ひとやすみ」には、来た人が話しやすいよう、「途中参加・退室OK」「秘密を守る」「お互いの意見を尊重しましょう」という三つの約束事があります。そのため、「少しの時間だけでも…」という人も参加しやすいです。そして、話したことを他の場所には持ち込まずここだけの話とし、話した内容はどんなことでも否定をせずに受け入れるような姿勢で話し合いをしています。
 取材の中で、「誰しも介護者は心に小鬼を飼っている」という言葉を聞きました。日々の介護のストレスが積もり積もっていくと、考えてはいけないようなことが頭をよぎることもあるという意味だそうです。
 介護者は追い詰められる前に、抱え込んでしまっているさまざまな自分の思いや辛さなどを打ち明けて、大切な人を介護している介護者自身も、大切な人であることに気付くことが必要です。そして、自分自身のことも大切にできるようになってほしいです。
 「ひとやすみ」は、毎月第3金曜日の13時30分から15時30分まで、JR上尾駅東口の市民活動支援センターの会議室で開催しています。とてもアットホームな雰囲気で温かく迎えてくれます。
 介護に疲れ、ひとやすみしたいと感じた時は、介護者サロン「ひとやすみ」に足を運んでみてください。きっと大切な「あなた」の気持ちが軽くなり、介護の意識にも変化が起こるかもしれません。

結城峻寛さん      「ひとやすみ」で話をする参加者

上尾市公式ソーシャルメディアでも情報をお伝えしています。

上尾市広報広聴課facebook  http://www.facebook.com/Ageokouhou
上尾市広報広聴課twitter http://twitter.com/Ageo_kouhou