ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「被災地復興支援サッカースポーツ少年団交流事業」が行われました

「被災地復興支援サッカースポーツ少年団交流事業」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月28日更新

浦和レッズサッカークリニック 集合写真

9月21~23日、平方スポーツ広場で「被災地復興支援サッカースポーツ少年団交流事業」が行われました。
この事業は、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市と福島県本宮市のサッカースポーツ少年団を招き、上尾市のサッカースポーツ少年団と練習試合などを通じて交流を深めることを目的に、ことしで5回目の開催になります。

また、22日には「浦和レッズサッカークリニック」も行われ、元日本代表の落合弘キャプテンをはじめ、元浦和レッズの選手など6人のコーチから指導を受けました。練習内容は、子どもたちが楽しくできる工夫がされており、子どもたちも違うチームの選手と積極的に声を掛けあいながらグラウンドを走り回っていました。

浦和レッズサッカークリニック 浦和レッズサッカークリニック

なお、22日の昼食ではグラウンドに隣接する「井上スパイス工業(株)」からカレーが振る舞われ、子どもたちは「おいしい」と笑顔で食べていました。

昼食のカレー 昼食のカレー