ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書政策課 > 市議会令和元年6 月定例会において、一般質問のあった「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事」につきまして、市民の皆さまにお詫びいたします。

市議会令和元年6 月定例会において、一般質問のあった「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事」につきまして、市民の皆さまにお詫びいたします。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月10日更新

事案の概要

本来、地権者が施工すべき民地のフェンスブロック擁壁撤去・新設工事を、全額市の予算で実施(平成30年度予算)

 

問題点

(1)市で施工する必要のない工事であったこと

(2)工事発注にあたり、本来一体の契約として入札し施工業者を決定すべきところ、約693万円の工事を7分割し、全て随意契約で特定の1業者に工事を発注したこと

 

今後の調査

 本件により、当市に対する信用・信頼を著しく失墜させたことについて、市民の皆さまに、深くお詫び申し上げます。

 現在(令和元年7月10日)、外部の専門家である弁護士を交えて調査を実施しており、市議会令和元年9月定例会を目途に調査結果を公表できるよう全力で取り組んでまいります。

6月定例会で謝罪する畠山市長

市長  畠山 稔

工事の概要に関するお問い合せ

都市整備部次長 須田

電話 048(775)5111(代)

内線 607